記事一覧

ピアジェ 「ポセション」コレクションにクリスマス限定のペンダントが登場!


スイスのウォッチ・ジュエリーメゾン「ピアジェ」を代表する「ポセション(POSSESSION)」コレクションから、クリスマス限定のペンダントが登場します。
回転するリングに思わず触れてしまいたくなる「ポセション」は、遊び心に溢れたピアジェを象徴するコレクションのひとつ。
“触れる”という感覚は感情を呼び起こし、新しいインスピレーションを見出すといわれているそう。
この限定ペンダントは、やわらかな光沢感を纏うホワイトカルセドニーとピンクゴールドのコンビネーションに、一粒ダイヤをあしらったチェーンがアクセントになっています。
ポジティブなエネルギーを放ち、シルバーイヤリング&ピアス 自由な精神を映し出す「ポセション」 の限定ペンダントは、来年に向けてのベストパートナーになりそう。

【クリスマス限定品】「ポセション」ペンダント
本体価格:191,200円(税抜)
素材:18K ピンクゴールド・ダイヤモンド約 0.06ct・ホワイトカルセドニー
チェーンアジャスト:39/42cm モチーフ:7mm

「ポセション」のホワイトカルセドニーシリーズ
「ポセション」 リング
本体価格:294,000円(税抜)
素材:18K ピンクゴールド・ダイヤモンド約 0.20ct・ホワイトカルセドニー
「ポセション」 バングル
本体価格:616,000円(税抜)
素材:18K ピンクゴールド・ダイヤモンド約 0.42ct・ホワイトカルセドニー
モチーフ:9mm
「ポセション」 ペンダント
本体価格:720,000円(税抜)
素材:18K ピンクゴールド・ダイヤモンド約 0.45ct・ホワイトカルセドニー
チェーンアジャスト:80/85cm モチーフ:17mm



パリ在住のデザイナー英里・リストリが生み出すジュエリーブランド「ADER.bijoux(アデル ビジュー)」は、ヨーロッパ各地で買い付けたヴィンテージやデッドストックのパーツに艶やかなデザインを融合させたジュエリーが魅力のブランド。
この度、別注した商品や通常取り扱いのない商品などを販売するモアバリエーションイベントが、「ビームス六本木ヒルズ」にて開催します。
<Ray BEAMS>のためだけに用意したヴィンテージガラスパーツを用いたピアスや、パーツを組み替えたデザインのネックレス、イヤリングをはじめ、ガラスやアクリルの透明感を生かし商品に落とし込まれた新作のジュエリーが揃います。
「ADER.bijoux(アデル ビジュー)」を一堂にご覧いただける貴重な機会をお見逃しなく!

ネックレス¥22,000(税抜)
ピアス¥16,000(税抜)
イヤリング¥18,000(税抜)
全3型

【カラージュエリーの力】燃えたつ炎を思わせる「コーラル」の力で前向きに!

カラージュエリーの中でも、生命を思わせる「赤」は心と体に直接エネルギーを注入してくれるポジティブさをもつ色。一歩足を踏み出したいとき、背中を押してくれる頼もしい存在。誰もが不安や無力感を抱きがちな今だからこそ、美しい色の力にパワーをもらいたい。

燃えたつ炎を思わせる独特の赤色の珊瑚。大いなる海の力が宿り、富や幸福をもたらしてくれるといわれるコーラルは、洋の東西を問わない、愛されジュエリー。

Coral(コーラル)


見て触って肌で感じて。

生命力をもらえる海からの贈り物

コーラルの中でも、より赤色が強いものがレッドコーラル。〈上から〉まるでお菓子のような丸みのカボションカット。艶やかなレッドコーラルは、シャンテクレールが得意とするビビッドな地中海カラー。「Bon Bonブレスレット」(PG×レッドコーラル×D)¥1,400,000/シャンテクレール 東京店(シャンテクレール)色石好きを虜にする、発色がよく、肌なじみのいいボン マジックの珊瑚コレクション。ブレスレット(YG×コーラル)¥250,000・ネックレス(YG×レッドコーラル)¥450,000・¥390,000 /ボン マジック サロン


色の力を美しいリングで堪能して。2つのネオンブルーの石は、非常にレアなパライバトルマリン。大ぶりのオレンジのガーネットとトパーズは存在感あるビタミンカラー。左下はアクアマリンとペリドットの調和が美しい一本のリング。リング〈右上から時計回りに〉(Pt×パライバトルマリン×D)¥10,000,000・(Pt×ガーネット×イエローD×D)¥2,300,000・(Pt×ペリドット×アクアマリン)¥850,000・(Pt×パライバトルマリン×D)¥2,700,000・(Pt×トパーズ×D)¥1,900,000 /和光

神秘の癒し手 (文・光野桃)
ふと気がつくと、心が固まっていた。感情が動かない。表情筋がこわばっている。


ひとは生命の危機や解決できない強い不安に晒されたとき、心を固めて動かないようにし、日常の奥底にしまいこんで蓋を閉めてしまうらしい。そうして、傷つかないように自らを護るのだ。


けれどそれが長期間に及ぶと、いいことはひとつもない。


心も身体も適度にゆるんで、リラックスしていないと、質の良いエネルギーをチャージできない。お神輿が道中で大勢の担ぎ手の力によって揉まれ振られて、神様の力が活性化するように、わたしたちも、ときに美の前にただ立ちつくし、心震わせ、思い切りドキドキすることが必要不可欠なのだ。いわばおしゃれの「魂振(たまふ)り」である。


そう考えたとき、カラージュエリーが力をもつ。青、黄、赤、緑──それぞれの色に太古のいのちが息づいているからだ。

今年の春から夏にかけての、吸い込まれそうな青空の透明感。空の歓び、といったイメージのブルートパーズや、深海の世界を体現するかのようなアクアマリン。

 滴り落ちる蜂蜜の甘い香りと輝くレモンイエローの光が、肌を瞬時に滑らかにみせてくれるレモンクォーツ。


燃え立つ炎の赤が、かつて情熱と官能の時代があったことを思い出させる艶やかな珊瑚(さんご)。

 
そして光を通さないマラカイトのマットなグリーンに、こっくりとした黒に近い影が映るとき、ドラマチックで強靭な美しさが立ち現れる。

 
カラージュエリーを身にまとうことは、石たちの故郷である大自然のなかを、ゆったりと旅することでもある。

 
大地や深海の不思議におどろき、ほとばしるマグマの熱を浴び、風のオーラに花のようにそよぎ、天体を巡る星々の音を聴く。

 
そしてなによりも、硬質で不死身の、鮮烈な色と光に慰められる。

 
ジュエリーの起源は呪術だが、さらに少し時代が下って中世になると、医薬品として用いられていたことが知られている。マルボドゥスという司教が11世紀に書いた『石について』という本には、宝石を浸した水を飲んだり、すりつぶして乳汁とともに塗布したりする用法が、六十種類も書かれている。

 
カラージュエリーは今の時代のわたしたちにとってもまた、神秘の癒し手なのだ。

【関連記事】:ジュエリー・アクセサリーを多数取り揃えています

20代女性に人気の おすすめ婚約指輪ブランド

これまでにない時代の流れにそった新しいジュエリーを提案している「agete(アガット)」。ハリーウィンストン 指輪 偽物華奢なリングが揃っていることでも知られており、おしゃれな重ね付けリングが揃う人気ブランドです。

光の屈折によって表情の変わるCYRIL STUDIOのように石をあしらったものや、曲線が美しいもの、ビタミンカラーで夏のお出かけにもピッタリのものなど、どれも個性的♪ 華奢だけどボリューム感があるデザインとの重ね付けなど、新鮮な組み合わせを試してみるのも◎

ダイヤと地金の細やかなデザインによって繊細な輝きを放つダイヤモンドリングや、モードからカジュアルまでどんな洋服にもはまるオパールのリングもオススメ。結婚&婚約指輪柔らかな動きが魅力のチェーンリングもサファイア、ルビー、オパールの3種類で展開されていて、難易度の高い重ね付けにも挑戦することができます。


贅沢な素材を使った本物志向でありながらデイリーに楽しめて、常に身につけておきたくなるジュエリーブランド「ココシュニック」。線に着目したクラフト感のあるデザインは時代に左右されることなく、人生をともにすることができるよき相棒に◎。

オリンピックのダイビング女子選手の好きなアクセサリー

フランス語でレモンを意味するシトリンという宝石をご存知ですか?シトリンは宝石やパワーストーンなど様々な用途で人気があり複数のシトリンを持っているという方も多いのではないでしょうか。しかしシトリンの正体が実はアメジストだということ知っている人は少ないかもしれませんね。
かつては黒っぽい黄色の水晶が黄水晶(シトリン)と呼ばれていたのですが、天然のシトリンは非常に産出量が少ないこともあり宝石として市場に出回ることはほとんどありませんでした。その後ブラジルでアメジスト(紫水晶)をたまたま加熱した時に実に美しい黄色の石になりました。ピアス 手作りこれが現在のシトリンとして市場に多く出回っているもので上述した通り鉱物的にはアメジストと同じものです。
今回はそんなシトリンにスポットを当ててみます。

シトリンとは
95459365-m-01-dl現在市場で多くみられるシトリンは上述した通りその正体はアメジストです。この宝石はアメジストを450度で加熱処理することによりできるもので、ルビーなどに施す加熱処理とは違いマイナスなイメージはあまり持たれません。というのもシトリンの加熱処理は「元の石をさらに綺麗な石に生まれ変わらせるため」に施されるものと見なされるからです。
天然のシトリン(黄水晶)は茶色、褐色の色合いの物が多いですが、アメジストからなるシトリンはレモンのような黄色からブラウンが強い深い色の物まで存在します。これは加熱処理の仕方に違いがあるわけではなく、アメジストの産地によって微妙に色合いが変化するという面白い一面でもあります。
因みに皆さんが市場でよく見かける大半のアクアマリンもグリーンベリルを加熱処理することにより作られています。このどちらの宝石も後々変色するようなことはなく、その美しい色は永遠に続来ます。
シトリンの選び方
20170722_15_00シトリンは宝石としてはかなりお手頃な価格で流通しています。その為手に届きやすい宝石でもありますので、シトリンを選ぶ際は美しさに加えその大きさにも注目することをお勧めします。シトリンは最高品質の物であってもその他の高額な宝石と比較すると同じ予算でかなり大きなものが手に入ります。カラーで考えると上でも説明した通り色の濃淡などバリエーションが豊富にあるので様々なカラーの物をファッションに合わせて所有することができるのもシトリンのメリットですね。因みに加熱処理をしたシトリンは石の中にクラック入っているものも多いのでそういったものはさけるほうがいいですね。

まとめ
今回はレモンのような黄色が美しいシトリンについてご紹介しました。シトリンが実は皆さんがおなじみのアメジストからできているなんて驚きではないですか?
シトリンは加熱処理しているからと言ってニセモノという扱いではなく天然物もアメジストを加熱したものどちらも本物です。しかし『天然がいい』等のこだわりがあるのであれば加熱・非加熱の確認をしてみるのがいいのではないでしょうか。ちなみに天然の黄水晶(シトリン)はアメジストと違い非常に希少なため高額で取引されています。

【関連記事】:気になるセレブの愛用品をチェック

オリンピックで三人のバスケットボール女子選手が好きなネックレスです。

ジュエリーブランドとして知名度の高いカナル4℃の「しずくネックレス」は、想いを寄せている女性のなかでも20代前半の方へのプレゼントに人気があります。普段使いがしやすく、毎日でも身に着けてもらえます。

ピンクゴールドのしずくモチーフをベースに、上品に輝くキュービックジルコニアがおしゃれに飾られています。シングル ピアスその優しさのあるデザインが、若い世代の女性の心を虜にしているポイントです。

ジルコニアには「純愛」という石言葉があるため、想いを伝えるのにぴったりなクリスマスやバレンタインデーなどのプレゼントとして注目されています。さらに、癒しの効果も期待されており、仲直りしたいときのプレゼントにも相応しいです。


jewelry shop BeJはリングやネックレスなど、ジュエリー全般を扱っているショップです。
販売しているアクセサリーすべてに天然ダイヤモンド、天然石、本真珠を使用しており、良質な素材にこだわっています。

ネックレスは華やかなデザインが多く、女性らしさを引き立ててくれるものばかりです。

ドロップのようなシンプルなタイプからリボンのようなキュートなタイプまで、様々なデザインのものが揃っています。
豊富な種類の中から自分の好みに合ったネックレスを見つけてください。

金属アレルギーが出やすいのはどんな人?検査方法や治療方法ってある?

「ネックレスをつけたら、首が赤くただれた…」
「ピアスをつけると、耳がかゆくなるor赤くなる…」
「指輪をつけていたら手が荒れてなかなか治らない…」
このような経験がある人は、金属アレルギーを疑った方が良いでしょう。最近でこそ、食べ物に関するアレルギーは、認知がひろがってきているものの、体内に取り込まないジュエリーでアレルギーが起こるなんて…などと考える人は少なくありません。実は、誰もが普段使いしているアクセサリーですが、日本人の10人に1人は金属アレルギーを発症しているとも言われているのです。ピアスさらに恐ろしいのは、大人になってから初めて金属アレルギーが発症したという人も少なくないという点です。
そこで今回は、金属アレルギーの基礎知識として、どのような人が発症しやすいのかや、金属アレルギーを持っていないか検査するにはどうすれば良いのかについて紹介します。

金属アレルギーになりやすいと言われる人は?

kinare-01それではまず、どういった人が金属アレルギーになりやすいのか?という点からご紹介します。一般的にですが、金属アレルギーの発症は、体質や生活習慣が関係していると言われていますので、発症しやすくなる要因を以下でご紹介します。

金属が触れた部位やその周囲が赤くなるなどの場合

このタイプは、接触皮膚炎などとも呼ばれ、ネックレスをつけたら、首が赤くなった…や痒くなるなどと言った症状です。このタイプの要因は、

汗をかきやすい
ジュエリーに汗が大量に付着すると、金属が溶けてイオン化しやすいため、それが要因となりアレルギー反応を生じやすくなるそうです。汗をかきやすい人は、夏場のアクセサリーは注意かもですね。
金属製のアクセサリーの使用頻度
金属製のアクセサリーを頻繁に使用する方は、金属アレルギーが発症しやすくなると言われています。特にピアスは、皮膚を貫いて真皮と直接接触するので、アレルギー反応が生じやすいそうです。
タトゥーやアートメイク
タトゥーなどに使用されるインクには、金属が含まれているものもあり、タトゥーやアートメイクをきっかけに金属アレルギーが発症する人もいるそうです。
金属アレルギーには、全身性金属皮膚炎と呼ばれるタイプの物もあります。こちらは、銀歯が唾液によってイオン化し、アレルギーを発症する…、食品に含まれる金属によってアレルギーを発症する…というのが主な要因と言われ、ジュエリーにはあまり関係なさそうですが注意しておきましょう。

金属アレルギーが疑われる場合はどうする?

kinare-02アクセサリーを外した後に、ちょっと赤くなっていたりして「金属アレルギーかも…?」と思った事はありませんか?そういった場合、放置してしまうと症状が悪化して炎症が全身に及んでしまうなどの恐れもありますので、まずはお近くの皮膚科で検査してみましょう。検査の結果、アレルギー反応がある場合は、薬の処方など、改善のための指導をしてもらうことができます。

金属アレルギーの検査方法

金属アレルギーの有無や金属の種類を皮膚科で調べる場合には、パッチテストと呼ばれる検査が行われます。これは、皮膚科などで診察を受けた後、試薬をつけたパッチテストユニットを背中に張って48時間置いておくだけです。48時間経過したら、ユニットを除去してみて、その周辺の皮膚にアレルギー反応が出ていないか判定するのです。さらに、その1日後に再判定し、それでも所見がはっきりしない場合は、7日目に再審するケースもあるそうです。
パッチテスト自体は、そこまで難しいものではないので、自分が金属アレルギーかも…と思っている人は、ぜひ検査しておくことをオススメします。

金属アレルギーの治療は?

上述のパッチテストで、アレルゲン物質が判明した場合、基本的にアレルゲンとなる金属を避けるための生活指導が行われます。皮膚の炎症やかゆみがひどい場合には、ステロイド外用剤や抗ヒスタミン剤などが処方されます。
金属アレルギーに限らず、アレルギーというものは『病気』というよりも『体質』ですので、何らかの治療で治すのではなく、自身のアレルゲン物質とどうやってうまく付き合っていくのかということが重要になります。自分にとって「何がアレルゲンなのか?」を知っておけば、普段の生活の中で何に注意すればよいのかがわかりますので、アレルギーの発症を最小限に抑えることが可能です。つまり、皮膚科などで行われる治療とは、そういった生活指導が主になると思います。

【関連記事】:2021時代を超えて愛されるブランドバッグ