記事一覧

全貌と見どころ【展覧会レポート】


ヴァンクリーフ&アーペル*フリヴォル ブレスレット 偽物 5フラワー VCARP3W400

【製品仕様】
フリヴォル ブレスレット 5フラワー:イエローゴールド、ラウンドカット ダイヤモンド(ダイヤモンドのクオリティDEF IF VVS)
石…ダイヤモンド: 53 石, 0.62 カラット
クラスプ…イエローゴールドのクラスプ
サイズ…ブレスレットの手首のサイズ:17 cm


「アート オブ ブルガリ 130年にわたるイタリアの美の至宝」展も間もなく閉幕を迎えようとしている。アンディ・ウォーホルに「僕にとって、ブルガリのお店に行くのは最高のコンテンポラリーアート展に行くようなもの」と言わしめた、そのブランドの軌跡を振り返る本展の魅力と見どころをお伝えしたい。

イタリアンジュエラーとして名高いブルガリであるが、そのルーツは19世紀、ギリシャに遡る。代々銀細工師の家系であった同家の11番目の子として生まれたソリティオ・ブルガリは、当時内乱で情勢が不安定であった祖国を逃れ、イタリア・ローマに移住。1884年にシスティーナ通りに初めて店を構えたのが、ブルガリのストーリーの始まりである。ブルガリの代表的なコレクションの中に、蛇であったりメダリオンであったりどこかエキゾチックな要素が登場するのはこのようなブルガリ創設の背景によるものもあるのだろう。

その後、創業者ソリティオの次男ジョルジョがパリでフランスのジュエリーを学んだ経緯があり、いわゆるフランス的なデザインも手がけるが、1960年代に入ると、私たちが「ブルガリ」と聞いてイメージするような、エメラルドやルビー、ターコイズ、サファイヤなど貴石・半貴石の色石をカラフルに用いたデザインが主軸となっていく。

本展の見どころの一つとして、本展初公開となるコレクション18点がある。例えば、ローマの敷石のパターンにインスピレーションを得た「パレンテシ」のネックスレス、ブレスレット、イヤリング。「パレンテシ」は1980年代にデビュー。連続的でグラフィカル、ふっくらとした曲線を持ち、建築的でボリュームのあるデザインはアイコニックであり、さらにモジュール式の実用性を兼ねた秀逸な仕上がりだ。

更にブルガリを愛したエリザベス・テイラーのコレクションからも多くが出品されている。彼女だけのためにデザインされた唯一無二のピースであることはもちろん、映画『クレオパトラ』など当時の衣装と共に展示されており、ブルガリが銀幕のスターと共に歩んだ歴史を垣間見ることができるのも素晴らしい。

誕生から40周年を迎える「ブルガリ・ブルガリ」ウォッチのヘリテージコレクションは、表慶館の中央のドームの部屋の2階に展示されているのだが、その展示スペースのしつらえにも楽しみを見つけることができる。ドームの天井を見上げると、宝石のカレドスコープが映し出されるプロジェクションマッピングが映し出されており、1階を見下ろせばドームの円周がアイコニックな「ブルガリ・ローマ」のベゼルで縁取られているのがわかる。

今回はヘリテージコレクションだけでなく、この回顧展のために作られた「ディーヴァ」ネックレスも展示。翡翠、マザーオブパール、珊瑚を贅沢に用い、かんざしを彷彿とさせる美しい扇型をしている。その花のモチーフは日本の昔の着物地から着想を得ているということで、こちらをはじめ、1950年以降に東洋美術に強く影響を受け作られた“日本賛歌”のピースも多く展示している。

ジュエリーそのもの、スケッチなど貴重な資料と共に、ブルガリの130年を回顧できる本展は今週末11月29日まで。イタリアの至宝を生み出した歴史をなぞる旅に出かけてはいかがだろう。

【関連記事】:https://zonglao97314pxl.wordpress.com/